So-net無料ブログ作成

『ヤミウルワシ』のこと【ご予約開始まで6日】 [日々のこと]


image-20180220140210.png

『ヤミウルワシ』を上演することになりました。これは、ボクの書いた脚本の中でもとても特別な作品です。

2011年3月6日に父親を亡くし、お葬式に四国の実家に帰り、喪主をつとめ、相続手続きのために実家に残っている3月11日に東日本大震災が発生。テレビからは刻一刻と被災状況、いや、リアルタイムな津波の映像を目の当たりにし、原発は水素爆発、当時妊娠していた妹が横浜の自宅に帰るか真剣に話し合い、、、詳細に追えばもっと色々ありますが、といった状況で4/15から決まっていた本番の脚本が1行もなかった!

そろそろ書かなきゃなあー、と思ってたところに父が亡くなり、震災があり、実家から大阪に帰っても当然のように職場で震災対応に追われ、もう、心の中が千々に乱れるとはこのことで、そんな中で書き始めた脚本でした。

あれから7年が過ぎようとしています。

今回、改めて読み直しましたが、結局、どこも手を入れられませんでした。

出来不出来ではなく、もう二度と『ヤミウルワシ』のような脚本を書くことはできないんだろうと思います。

お席の少ない公演ですが、出来ましたら多くの方にお立会いいただけましたら幸いです。


★ご予約開始まで6日★
★各回20席限定★

★戒田竜治・河上由佳参加
Forum Enters The Theate #0
『ヤミウルワシ』
演出・脚本戒田竜治(満月動物園)

3/18(日)19(月) 各19:30開演
浄土宗應典院 気づきの広場

■出演
村井友美
竜崎だいち(羊とドラコ)
河上由佳(満月動物園)

■“知恵”
秋田光軌(浄土宗大蓮寺副住職・浄土宗應典院主幹)

■トーク登壇
相内唯史(at will)
戒田竜治

▼詳細はコチラ♪
https://goo.gl/89UgaM

- - - - - - - - -

『ヤミウルワシ』

女は、毎夜夢に出てくる女の記憶をたどって友人と旅に出る。行くところ行くところ、夢の女が語る景色が広がる。友人の支えを受けながら、女はついに夢の女の最初の記憶にたどり着く―。

遺す想いと受け取る想いを巡り、他者の記憶をたどる。ハンサムな女優3人が描き出す静かなるファンタジー。

- - - - - - - - -

* Forum Enters The Theater【演じるフォーラム】は、演劇上演作品を各分野の“知恵”でひも解く。仏教の説法、キリスト教の懺悔、臨床心理士のカウンセリング、いのちの電話の相談員など、個人情報保護的に実際に見ることは叶わないパーソナルな空間をエチュードで垣間見る。空理空論や理想論だけではない“現場”の空気を体感し、劇世界と混交した空間を体験する。今後、様々な“知恵”を舞台に招き入れる、今回はその試行として「仏教の知恵」を舞台に招き入れる。

※カンタンに言うと、30分お芝居をして、15分即興劇をして、45分トークします。

▼詳細はコチラ♪
https://goo.gl/89UgaM


スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます