So-net無料ブログ作成

近藤ヒデシ【トンボリ心中 出演者紹介】 [日々のこと]


image-20180525112018.png

『道頓堀心中冥土往来』出演者紹介の5人目は緊急参戦の近藤ヒデシさん! 演じていただくのは、僧侶・天善。

今作の主な舞台はお寺と遊郭。今の應典院あたりは、当時の大阪の都市部の南端で、墓地や刑場・遊郭・芝居小屋なんかは、都市部の端っこに追いやられてたんですね。

北端が梅田あたりとか、近代に大阪の都市部が広がるにつれて、梅田もなんばも今の賑わいとなるわけですが、「いかがわしい」場所だったんですね。

そういう文脈における、お寺と僧侶。もう何度もご一緒させていただいてる近藤ヒデシさんが、なんともひらりひらりと描き出してくださいます。


1人称が「私」で、2人称が「あなた」。人は死んでやがて忘れられる、3人称になる、のではなくて「ご先祖さま」などの2.5人称になるのだ。という言説を聞いたときには、なるほどと思いました。

そこには、日本ではお寺という存在、装置、場、の働かせる機能が欠かせないんじゃないかと思ったりします。

應典院という寺で上演する、寺が舞台のお芝居で、僧侶を「演じて」いただくわけです。いやー! これはなかなかスゴイことになっとります!

ボクの演出で近藤ヒデシ出演は何度も観たわー、いう方にもぜひぜひ観ていただきたいです! もちろん、初見の方もぜひぜひぜひ!

+ + + そう悲嘆したもんでもないで。 + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)


出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます