So-net無料ブログ作成

不始末と功績 [日々のこと]

「不始末」をしでかした人の過去の仕事や功績が認められるかどうか、といった話があった。

そんなの「不始末」にキチンとケジメをつけられたかどうかだけだ。「不始末」の内容にも多寡にも拠らない。

くだらぬ小ウソを重ねて誤魔化すようなことをしたら、思い出すだけでその小ウソの苦い思いをよみがえらせてしまうワケで、そうなったらどんなに素晴らしい功績も苦い思いとセットになるしかない。

『正当な』評価など望むべくもない。

思い出したくなくなるのだから。当然、「功績」もなかったことになる。

人は「不始末」をしでかすこともある。ただ、それにキチンとケジメをつけられるかどうかだけ。

自戒も込めて。
スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます